確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。

現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
ブリアン

ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。

加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です