クロコノマチョウがナオ

結婚している相方が、浮気しているときでも夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気現場を押さえようとすることは避けましょう。

浮気の事実を突き止められるとパートナーの感情を逆なでしてしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまうこともありえます。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、あまり無いのではないかと言っても言い切れます。

両方とも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、仕事内容は類似しています。

しかし、違いがあるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。

探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。

探偵が浮気調査の専門家だとしても、思わぬミスをすることが全くないとは言えません。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行がばれることもあるでしょう。

それに、浮気調査実施中に不倫相手に会わない時には証拠を掴みきれません。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は低くなるのです。

また、不倫の相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚したならば、別れるべきか否か決めかねますよね。

そうならないように、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚をしないという選択肢もあります。

ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところでトントン拍子で離婚の話は進まないものです。

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

同様に、父親が一人で育てる場合も仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょうなるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる限り事前に自分で調査しておきたいものです。

調査とはいっても簡単にできることなのです。

毎日、パートナーの行動記録を付けておけば立派な調査資料になります。

毎日、仕事に出る時間、帰ってくる時間、だれかと電話をしているようなら、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、相当低い料金設定であったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所がオススメです。

また、探偵業の許可を取得しているのか確認が必要です。

法を逸脱した調査をしている探偵社には委託しない方がよいでしょう。

探偵が気づかれないようにしていても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーに気づかれてしまって、浮気相手と会うのを控えたりして、失敗してしまう場合もあるでしょう。

浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

失敗した場合の代金についても、契約を交わす際に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。

同一電話番号との連絡を電話を受けていたりその電話番号に掛けていたりしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がとても高いと言えるでしょう。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を見つけ出せばいいのです。

ですが、気の回るパートナーですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です