ジュンでミミセンザンコウ

日々の生活の中で、相手の行動をよく見ておくことはだれにも頼まずにできることですが、浮気の事実を決定づける証拠を手に入れるためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。

それに、探偵にお願いすれば、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼すれば損はしないと思いがちですがそうとも言えないケースもままあります。

普通、成功報酬と言えば調査が成功しなかった時、報酬を払わずに済みますからシステムとして依頼者が得するという感じがします。

したがって、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って、利用しようとしている人もいます。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、平均で3~4日かかるといわれています。

しかしこれはあくまでも一般的な期間です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあり得ます。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が特定済みの場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

尾行料金の相場はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。

言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く、増えれば増えるほど高くなります。

また、尾行のために車やバイクを使うと、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、要確認です。

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調べる時間が少なくて済むので、それだけ調査費用が節約できるわけです。

といっても、いつ浮気をしているのかをわかっていたとしても、知人に相談して写真撮影をお願いすると、多くが失敗するに違いありません。

気づかれずに写真撮影を行うには探偵を雇うのが賢明でしょう。

GPSが繋がるものを使って、良く行く場所を調べて、良く見える場所で観察し続けると、パートナーが現れるはずですから、浮気の証拠をつかむことができると思われます。

調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPSで調べるだけでも、様々なやり方の選択肢の一つです。

その機械を付けている事がバレてしまい、追及される種になることもあります。

食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには定食の数から一緒にいた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、不倫と決定づける参考資料となります。

さらに、クレジットカード使用時の支出については毎月きちんと目を通すようにします。

仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と過ごしていたと判断される事があります。

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

相手が信頼できなくなってしまったら死ぬまで一緒にいるとなるとストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を求めれば、確実に別れさせることもできるはずです。

どのような行為をしているか記すことで浮気の根拠を示せることもあります。

基本的に、日々の行動にはパターンが定まってくるものです。

しかしながら、浮気をしている人は、決まったパターンが崩れます。

変わった曜日や時間帯を特定することができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の裏付けがしやすくなります。

結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵にお願いする時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を事前に話し合います。

探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査期間が長期になればなるほど支払う費用も高くなるのです。

探偵業者によって、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、口コミなども調べていったらいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です