城戸のレイン

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察してもらわなければなりません。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

手術の前後には様々な処置が必要で、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。
リフトマキシマイザーの口コミが凄い!本当に効果があるのか!?

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙を決意してください。

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。

検査で問題になることはまずありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です