竹谷が大関

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。
天使のララがネット上でも大人気!

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。

これは担当歯科医の技量の低さに起因することが多いといえます。

高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です