インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずない

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。

まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

様々なインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、歯がグラついて違和感を覚えるというケースも稀に報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
モットンマットレスの口コミ

インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です