凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足のせいといえるでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。

大至急歯科医にかかってください。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
善玉元気の口コミ

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。

ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。

そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です