麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーの発症例も少なくなっています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が増えています。

全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

はははのはの効果
日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、かなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。

障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です