インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。

あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けることも考えるべきです。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。
雲のやすらぎ

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です