患者さんに最適な治療方法

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療はかなりの費用を要することは確かです。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です